結婚へのファーストステップとしてのエンゲージリングは特別でロマンチックなものです。大切にしたいものです。

夢にまで見たエンゲージリング。
夢にまで見たエンゲージリング。

エンゲージリングは特別な指輪

結婚が決まったら、というより理想としてはプロポーズの時にロマンチックなシチュエーションで受け取りたいエンゲージリングは女性にとってはとても特別なものです。まず、基本的に男性が選んで、女性に贈るもの、これがとても素敵だと思うのです。慣れない宝石店で、指輪を選ぶ男性の姿はとてもほほえましいものがあります。昔は給料の3カ月分などと言われましたが、金額うんぬんよりもその気持ちがうれしいのです。少なくとも私はそう思います。

結婚への段階として、一つ進んだ結婚指輪は二人でえらぶことが多いようですが、この段階では、結婚費用としての予算なども気になり始め、より現実的にモノと価格を吟味することになります。言ってみればロマンチックな要素が薄れてくるのです。日常生活の一部のものなのです。エンゲージリングは結婚式以来はめたことがない、という人も多いかもしれません。それがよりこの指輪をロマンチックなものに仕立て上げるのです。ときどき眺めては幸せを噛み締めるのも良いかもしれませんね。