夫婦で、エンゲージリングを大切に思う気持ちは一緒だが、大切にする方法や考え方が違い面白い。

夢にまで見たエンゲージリング。
夢にまで見たエンゲージリング。

エンゲージリングへの思い

私は現在妊娠後期のため、仕事はしておらず専業主婦です。仕事をしていた時は介護職だったため、大切なエンゲージリングを汚したくなく、仕事中は外していました。しかし仕事を辞めてからはずっと家にいるので、指輪はずっとつけています。水場の掃除をする時や料理する時、お皿を洗うとき、お風呂に入る時も、片時も外しません。ずっとつけていたいほど大切なものだからです。なので、私のエンゲージリングは傷だらけです。

私の旦那は私の真逆です。水場の掃除をする時も、お風呂に入る時も、少しでも指輪に傷が付きそうなことをするときは絶対に指輪を外します。旦那曰く、とても大切なものだからこそ、傷を少しでもつけずに大切にしていきたいとのこと。お互い、エンゲージリングを大切にしているのは確かです。しかし、大切にする方法が違うので、人それぞれ物の扱い方、大切にする方法、考え方が違ってとても面白いなと思いました。二人のエンゲージリングを、これからも大切にしていきたいと思います。