結婚をする前の婚約のときにエンゲージリングを男性から女性に贈ります。ほとんどがダイヤを選びます。

夢にまで見たエンゲージリング。
夢にまで見たエンゲージリング。

エンゲージリングを婚約時に渡す

めでたく結婚をする二人が購入するのがエンゲージリングとマリッジリングです。日本語で言うと、婚約指輪と結婚指輪といいますが、同じ指輪でも違いがあります。婚約指輪は男性が女性に婚約の記念として贈るものです。女性は結婚する前に貰うときにはどのようなものをもらえるか楽しみにしています。特にドラマや映画などでプロポーズのときにおしゃれなレストランで指輪の箱を開けて結婚してくださいという台詞を聞いたことがある人も多いと思います。そして値段は給料の3か月分といわれることもあります。

しかし通常は、プロポーズのときにいきなり渡されるのではなく、女性と一緒に選びに行き購入する人が多いです。やはり女性も高価な指輪を貰うのに気に入らないデザインのものでは嫌なので、自分で選びたい人が多いです。そして、給料の3か月分よりも少なく、30万程度のものを購入する人が多いみたいです。ほとんどの指輪にダイヤがついている物でプラチナ素材のものを選ぶ人がほとんどです。